MENU

配電事業

配電線工事

 九州電力の委託工事会社として、架空配電設備全般の建設及び保守工事・お客さまへの引込線及び計器類の工事・配電線自動制御システム構築における通信ケーブル及び関連機器の設置工事等を施工しています。特に台風等による停電発生時には、昼夜を問わず復旧作業に従事し、地域社会へ大きく貢献しています。
また、全国に先駆けて導入した、「無停電工法」(バイパスケーブルや発電機等を活用することによってお客さまを停電させない工事方法)及び「間接活線工法」(高圧電線を直接触らずに作業を行う工事方法)により、お客さまサービスの向上、作業の安全化及び作業環境の改善を実現しています。

地中線工事

工事内容は

  • 地中配電線用管路の建設及び高・低圧配電線ケーブル(22kV含)工事、改修工事
  • 全地中化工事(九州電力管路、電線共同溝工事等)
  • 一般地中化工事(22kVスポットネットワーク、消防対策、供給力増強工事等)
  • 架空ケーブル工事、配電線をコルゲートケーブルで建設
  • 特別高圧(66kV)ケーブルの端末工事

などで、将来的な広がりが期待されています。設計業務や試掘などの埋設物調査も必要で、電気だけでなく土木の知識も求められる仕事です。

Pick-up

地中化工事

 市街地や観光地において「安全で快適な歩行者空間の確保、都市災害の防止、都市景観の向上等」の観点と社会的要請から電線の地中化が推進され、近年の防災意識向上によりライフラインの維持として地中設備が注目されています。当社は無電柱化工事や、一般地中化設備の管路工事やケーブル入線及び接続工事などを施工しており、豊富な地中線技術を活かして、人々が安全・安心を感じる環境作りに努めています。

営業案内

ページTOPへ