MENU

グリーン電力

グリーン電力とは?

Q1.グリーン電力(証書)とは?

自然エネルギーで発電された電気を使いたい人は、発電施設を持たなくても、「環境付加価値」=グリーン電力証書を購入するだけで、手軽にこれを使うことができるものです。 自然エネルギー発電所に証書の購入費用がわたることで、これからの地球環境の保全に貢献でき、地球温暖化防止につながっていきます。

Q2.グリーン電力にはどんなものがあるの?

グリーン電力発電には、太陽光や風力、水力、地熱などのCO2を出さないエネルギー源で発電されたものがあります。

間伐材や製作所から出るおがくず、牧場などの家畜の排泄物、食品残渣などの生物体(バイオマス)からガスや液体、固体の燃料を得て、電気をつくります。

 

太陽光発電

太陽光パネルを利用して、太陽光から電気を作ります。住宅用として一層の普及が期待されるとともに、メガソーラーと呼ばれる大規模なものも実現し始めています。

水力発電

水が流れる力で水車を回して発電します。農業用水などを利用する中小水力発電の分野で開発の可能性が広がっています。

風力発電

風の力で風車を回して発電機を駆動し、電気を作ります。大型の風力発電設備を複数配置したウィンドファームが全国各地に誕生しています。

地熱発電

地下に溜まった高温高圧の水蒸気や熱水のエネルギーで電気をつくります。火山の多い日本では安定して電気をつくれる有望な自然エネルギーです。

Q3.グリーン電力に参加するには?

グリーン電力証書は証書発行事業者から発行されます。証書発行事業者は、グリーン発電設備を保有する発電者からグリーン電力価値を証書化しユーザーに販売します。 これによって、ユーザーはグリーン電力付加価値を保有します。

「グリーン電力証書」は、企業などが使用電力量に応じてグリーン電力証書を購入し、その資金がグリーン電力発電事業者に提供されることにより、グリーン電力の普及拡大を支援するものです。グリーン電力証書の購入企業等はグリーン電力を使ったと見なされます。なお、グリーン電力証書は第三者機関を得て発行されます。

Q4.グリーン電力証書を保有するユーザーのメリットは?

グリーン電力証書に記載された電力量を、換算係数を用いてCO2削減量に換算し、自主的な地球環境対策として活用できます。また、パンフレットやHPにマークを入れていただくことにより「グリーン電力証書システム」への参加による地球環境貢献を対外的にPRいただくことができます。さらに商品にマークを入れることにより、グリーン電力を活用した工場で作られたという付加価値をPRできます。


グリーン・エネルギー・マークは、グリーン電力を使用して作られる製品などに、その印としてつけられます。このマークのついた商品を選択することで、グリーン電力の普及拡大に貢献する事ができます。

営業案内

ページTOPへ