MENU

社会貢献活動・環境活動

さわやかコミュニティ旬間

 九電工グループでは、毎年10月下旬を「さわやかコミュニティ旬間」と設定しています。

 期間中は高所作業でのノウハウを活かした清掃作業や、福祉施設の設備点検作業など、グループ全社で地域社会に根ざした奉仕活動を実施しています。

活動内容

九電工 こどもスポーツ教室

 夢と感動を与えるスポーツの魅力を子供たちに知ってもらうことを目的に、歴史ある陸上競技部を持つ当社独自の地域貢献活動として実施しています。

活動内容

高齢者や障がい者を支援

 一人暮らしの高齢者や障がい者支援の一環として、福岡市社会福祉協議会様の取り組みである『安心情報キット配付事業』の目的や重要性に共感し、2019年度より福岡市社会福祉協議会様へ安心情報キットを贈呈しています。
贈呈した安心情報キットは、各校区において民生委員やふれあいネットワークのボランティア等を通じて、必要な方へ配付されています。

 安心情報キットとは、一人暮らしの高齢者や障がいのある方など、地域で見守りが必要な方を対象に、緊急時や災害時など、もしもの時に備えるために「緊急時の連絡先」や「かかりつけの病院」などの情報を記載したカードを入れておく専用キットで、冷蔵庫に保管しておきます。

環境保全の取組み

社用車をハイブリット車へ切り替え

ハイブリット乗用車では、同クラスのガソリン車よりも20~30%の温室効果ガス排出量を削減できます。

高所作業車にバッテリー採用

高所作業車の動力を、ガソリンからバッテリーへ切り替えました。これにより車両1台あたり毎月約200リットルの軽油燃料をカット、温室効果ガス排出削減に努めています。

学術研究者支援事業

 主に九州圏で学究活動を行う研究者を支援する制度として、2000年度から実施しており、主に当社の事業に関する研究を行っている方に助成を行っています。

国際貢献

 本社内に設置している「在福岡インドネシア共和国名誉領事館」の運営や九州・インドネシア友好協会の事業運営をはじめ、留学生支援制度、NGOと連携したボランティア活動などに取組んでいます。

九電工の取組み

ページTOPへ