1. ホーム
  2. 営業案内
  3. 情報通信事業
  4. エリアトーク

情報伝達無線システムエリアトーク

時代は「遠隔操作」と「遠隔留守録」低価格で操作簡単!

導入効果システム構成導入費用機器費用

概要

 エリアトークは、従来の自治会(公民会)の有線放送を無線で使用できるように総務省に提案し、日本で初めて許可を得た「画期的な近未来型」の通信システムです。

導入をおすすめするお客様

  • 有線放送をご利用のお客さま
  • 自治体で防災行政無線が整備されており、戸別受信機の設置(追加)をご検討のお客さま
  • オフトークをご利用のお客さま
  • 工場、集合団地など広い構内の施設で安価な放送設備をご検討のお客さま

導入効果(特徴)

01 確実な放送が可能

無線のため有線放送のような断線の心配や景観を損なう事はありません。

02 有線方式に比べて導入費・維持費ともに安価

屋外配線が不要で故障も少なく移設も簡単です。

03 高出力のため広範囲に放送可能

1W、5W出力のため約5Km~10Km半径に放送できます。

04 停電時でも放送可能

内蔵電源を備えているので、災害における防災的な運用ができます。

05 無線の資格不要

無線従事者免許不要でどなたでも放送できます。

06 防災行政無線も受信可能

自治会(公民会)放送だけでなく、防災行政無線の受信も可能です。

07 グループ放送が可能(20グループ)

地区別放送および特定グループへの放送ができます。

08 受信履歴機能および留守録機能を搭載

不在の際に重要放送があっても心配ありません。

09 放送卓からの遠隔操作が可能

各受信機の電源、音量、留守録音を遠隔操作できます。


エリアトークのことなら九電工情報通信部
株式会社九電工情報通信部 営業1グループ エリアトーク担当係
電話:「営業時間内(午前8時30分~午後5時30分)092-523-6333」  「営業時間外 0120-417-905 」

情報通信事業

このページの先頭へ