1. ホーム
  2. 営業案内
  3. 新規事業
  4. PFI事業

PFI事業

 長年にわたり、地域に密着した総合設備業として築き上げて来た経営ノウハウや技術力を活かし、公共事業の新しい社会資本整備手法であるPFI事業を提案し実績を積んでいます。
 PFIとはPrivate Finance Initiativeの略で、1992年に英国で誕生した政策です。民間資金や経営ノウハウ、技術を活用して公共施設整備や公共サービスを行う手法で、日本では1999年に「民間資金等の活用による公共施設等の促進に関する法律(PFI法)」が成立し、同年9月より施行されています。日本でのPFI事業は、十数年以上の長期契約が一般的で、公共が民間に公共施設の設計、建設、維持管理、運営までトータルに委託するものです。
 この事業手法により、市場原理の導入や官民が適切にリスクを分担することで施設整備費の縮減やライフサイクルコストの削減が可能になるとともに、民間の持つさまざまなノウハウを活かした公共サービスの質の向上が期待できます。

PFI事業モデル(例)

事業運営の実績

思永中学校(鳥瞰)の写真

 「大分市鶴崎総合市民行政センター整備事業」「大分市稙田総合市民センター整備事業」「九州大学(伊都)実験施設等整備事業」「熊本市総合保健福祉センター整備・運営PFI事業」「北九州市思永中学校整備PFI事業」「鹿児島市新鴨池公園水泳プール整備・運営事業」など、多くのPFI事業で代表企業として多くの実績を誇っています これら豊富な経験を生かしつつ、それぞれの特性にベストフィットした事業提案を行っています。

新規事業

このページの先頭へ