1. ホーム
  2. 営業案内
  3. 電気事業

電気事業

 電力会社から電気を受けるために受変電設備を設置し、機械設備の電源、照明器具やスイッチ、コンセント、各種弱電機器、防災設備までを安全で便利な形で使用できるように取り付けるのが電気部門の仕事です。
 それら設備の設計・積算や工事を行うための図面作成、安全管理、工程管理、品質管理、原価管理を行うのが技術職の職務であり、実際の現場で配線や取付け作業を行うのが電気職の職務です。
 商業ビルや、複雑・多機能化するオフィスビル、工場、教育文化施設やリゾート施設の電気設備など、さまざまな現場で、人々が安心して使える全ての電気に関する工事や管理を高い技術力と豊かなノウハウで社会に貢献しています。
 主な業務は受変電設備、自家発電設備、ビル監視制御設備、幹線設備、動力設備、電灯設備や、映像・音響設備、放送設備、テレビ共聴設備や電話、LAN、自動火災報知などの弱電設備などで、より快適な生活を支える重要な仕事です。

東京女子医学大学 早稲田大学先端生命科学センターTwinsの写真

Pick-up

オールマイティな技術者を育て、電管ペア施工管理を実現

南砂町ショッピングセンター(SUNAMO)の写真

 総合設備業のトップを目指すために、電気工事にかかわる教育だけでなく、空調・衛生工事の教育も行い、両方できる技術者を育成し、電気・空調・衛生設備を1人で管理できる『電管ペア施工管理』を推進しています。その結果お客様に満足され、工事費を下げる取り組みを行っています。

施工事例

電気技術・電気設計部門の施工事例はこちら

営業案内

このページの先頭へ