1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 先輩たちの声

先輩たちの声

配電工事部門

電気の安定供給に欠かせない配電工事部門

2002年入社 神田 政俊

配電技術部 副長 神田政俊の写真

 私の主な業務は配電工事における技術開発です。技術開発とは、配電工事で使用する工具等の開発・改良を行ないます。特に、現場作業者が安全で楽に作業を行なえる環境づくりのため、日々業務に取組んでいます。
 さて、私が九電工に入社した理由ですが、単純に「電気は無くならないだろう」と思ったからです。このときは、特に電気の大切さを感じていた訳ではありませんでした。しかしながら、入社後、台風復旧作業に従事すると本当に電気の大切さがわかりました。台風等により停電すると多くの人が日常生活に支障をきたし、大変苦労します。
 昼夜を問わない復旧作業が終わり、電気が送電されると一斉に民家の明かりが灯ります。その時の感動は今でも忘れられません。また、復旧作業中に、お客さまからお礼のお言葉をかけてもらい、より一層、電気の大切さを実感しました。
 今では、現代社会において必要不可欠な電気の安定供給に従事することを誇りに思い、日々の業務に取組んでいます。

電気技術部門

地図に載る仕事ができる喜びと、いろいろな現場での出会いが財産に。

1991年入社 永吉 雄二

福岡支社 副長 永吉 雄二の写真

 主な業務は電気工事の監督で、設計図から電気の配線のための施工図を作り、建物の完成までを工程管理しています。
 私が実際に工事をするのではなく大規模な電気工事から家庭のコンセント設置まで、ご要望に応じた技術者や施工業者を手配して全体を管理します。
 もともと電気が好きだったことと、鹿児島出身なので九州で仕事がしたいという思いがあり、入社後は福岡と鹿児島で仕事をすることになりました。種子島ではロケットの付帯設備改修などに6年間携わり、種子島に仕事で訪れる東京の職種の違う人々と何度も顔を合わせて親しくなるなど、人との出会いが収穫でした。目には見えませんがこの仕事は、人でつながっていく仕事だと思います。
 新しい建物の申請書類を苦労して作り、さまざまな管理を経て完成した建物を見るのはうれしく、地図に載る仕事ができたという充実感があります。

先進の情報システムを作り上げて行くことが楽しい。

2003年入社 畑田 芳朗

情報通信部 畑田 芳朗の写真

 大学生のとき、インターシップで夏休みの2週間を九電工でお世話になり、ネットワークを作る仕事を手伝わせてもらいました。通信分野で仕事をしたかったのと、このときの仕事がとても面白かったので応募しました。入社して、様々な研修や現場実習を経て、情報通信機器をベースとした仕事に就くことができました。企業としての実績と信頼から官公庁などの仕事が多く、大規模な工事に携われることが喜びです。そのため出張が多く、長崎、佐賀、熊本、大分など短いところで1ヶ月、長いところで1年ほど出張します。
 情報通信事業はネットワークインフラ、ケーブルテレビ、移動体通信といった生活の基盤となる仕事です。近年ではライフラインとの融合や、エコ事業など幅広い分野へ発展していますが、それだけにやりがいがあります。
 この仕事は停止すると業務に支障が出ることが多いので、作業が夜間になるなど時間的な制約を受け、人が見ていないところでがんばらなければならない仕事ですが、今後さらに注目されていく分野ですし、作り上げる喜びがある仕事なので楽しくて仕方ありません。

空調管技術部門

空調管設備は体の血管のようなもの。血が通ってこそ建物が生きるのです。

1993年入社 相庭 哲

東京支社 空調管工事部 特級副工事長 相庭 哲の写真

 学校で流体力学を学んでいたので、空調設備の仕事に興味を持ち入社しました。現在の仕事は、空調管を通して社会に貢献しお客さまに快適な環境をお届けするというものです。私が担当するのは、主に安全管理、工程管理、品質管理、原価管理です。設備設計図をもとにお客様や他の業者さんたちと打ち合わせし、施工図を起こします。この施工図をもとに各職種の協力業者さんたちと建物の設備を造っていきます。建築が建物の肉や骨ならば、空調管設備は血管のようなもの。血が通ってこそ建物が生きるのです。現場では毎日いろんな出来事があり、緊張感があります。難しい仕事であればあるほど、完成したときの喜びは大きいものです。
 これからも安全第一を基本に現場を管理し、環境問題なども視野に入れながらお客様にご満足いただける仕事を提供していきます。また、技術士などの資格取得にも挑戦していきたいと思っています。

設計した施設が稼動しているのを見るとうれしくて、やりがいと誇りを感じます。

2001年入社 福田 貴子

環境資源事業部 福田 貴子の写真

 入社した最初のうちは見積もり業務を通して排水処理場の基本を勉強していましたが、次第に簡単な設計をまかされるようになり、現在ではいろいろな排水処理施設の設計から施工までを担当しています。机上の計算では分からない幅広い知識が求められる仕事で、現地へ調査に行くこともあります。
大学で微生物工学を学んでいたので環境の仕事がしたかったのですが、微生物による処理については分かっていても機械や電気については正直なところ苦手でした。でも、空調管技術部には土木・建築・機械・化学・電気などさまざまな専門分野のスペシャリストが揃っているので、上司や先輩方に相談・勉強しながら業務を行っています。
 今では、町を歩くとき色んな施設に関することが気になるようになりました。九州圏内での排水処理施設の実績は高く、エコロジーに貢献できていると思いますし、自分が設計した施設が実際に稼動しているのを見るとうれしく、やりがいと誇りを感じます。

採用情報


このページの先頭へ