MASSAGE 九電工が伝えたいこと

人が財(たから)の会社です。

当社は、「人をいかし、人を育てる人間尊重の企業をめざします」という企業理念に基づき、
最も重要な経営資源である「人財」の育成に関する方針を明確にし、
全従業員への浸透を図るため、「人財育成憲章」を制定しています。

人財育成の目的
人は財(たから)であり、人を育て、活かすことを目的とする。
人財育成の方法・内容
仕事での経験と教育を通じて、人格形成と能力の開発向上を図る。
人財育成の評価
人財育成に対する努力を適正に評価する。
管理職と従業員の責務
部下、後輩の育成に責任を持ち、教育し、支援することに努める。
従業員の姿勢
自らの成長に責任を持ち、常に挑戦し続けることに努める。

当社が求める人財

採用メッセージ

光はたくさんの電線をとおり抜け、建物に光を灯す。
新鮮な空気と水がめぐり、空間は快適になる。

人間でいうなら、電気は「神経」で、空調管は「血液」だ。
繊細で手がかかるから、厳冬の日も、猛暑の日も、毎日現場へ向かう。

一歩現場にでれば、年齢も社歴も関係ない。
世代は違うけれど「いいものをつくる」という志は一緒だ。

ときに意見が食い違ったり、落ち込むこともある。だけれど前を向く。
ものづくりの前に、ものをつくる人たちと納得いくまで向き合う。
日本を、地域を象徴する建物をつくるために。

困難もプレッシャーもある。
だからこそ、仲間たちと覚悟をもって、ともに歩みを進め乗り越えていく。

現場での経験は嘘をつかない。たくさんの経験が自信となり、形となり、誇りとなる。
すべてを乗り越え、完成させた「命が吹き込まれた建物」は街で煌々と輝き、
未来の希望を照らす。何十年、何百年も。

つくるなら、誇れるものを。自分たちにしかつくれない建物を。
街の象徴となる未来の建物に、情熱の命を吹き込め。

株式会社九電工

建物に命を吹き込め。