1. ホーム
  2. IR情報
  3. 事業のリスクに関する説明

事業のリスクに関する説明

事業等のリスク

 当社グループの経営成績、財務状況に影響を及ぼす可能性のあるリスクには、主として以下のようなものがあります。
 文中における将来に関する事項については、平成29年3月期の会計年度末現在において、当社グループが判断したものです。
 当社グループにおいては、これらのリスクの発生の可能性を認識したうえで、発生の回避及び発生した場合の適切かつ迅速な対応に努める所存です。
 以下の事項は当社グループが事業を継続するうえで、予想される主なリスクを具体的に例示したものであり、これらに限定されるものではありません。

1.経済状況等

 当社グループの設備工事業は、九州電力株式会社を始めとする国内民間企業及び官公庁などの設備投資の動向に左右されることから、これらの設備投資抑制などは、業績等に影響を及ぼす可能性があります。

2.工事材料費及び労務費の変動

 工事材料費及び労務費が著しく上昇し、これを請負金額に反映できない場合には、業績等に影響を及ぼす可能性があります。

3.貸倒れリスク

 当社グループは、取引先別の財務状態に応じた与信設定を行い、信用状態を継続的に把握するなど、不良債権の発生防止に努めていますが、取引先の経営・財務状況が悪化した場合、業績等に影響を及ぼす可能性があります。

4.保有資産に関するリスク

 当社グループは、営業活動に関連して不動産や有価証券等の資産を保有していますが、これら保有資産の時価が著しく低下した場合や、事業用不動産の収益性が著しく低下した場合には、業績等に影響を及ぼす可能性があります。

5.設備工事業以外の事業にかかるリスク

 当社グループは、中核である設備工事業以外に、不動産販売事業、再生可能エネルギー発電事業、人材派遣事業、ソフト開発事業、環境分析・測定事業、医療関連事業、ゴルフ場経営、ビジネスホテル経営、商業施設の企画・運営事業など、グループの経営資源やネットワークを有効に活用しながら事業領域の拡充を図っております。
 これらの事業は、他事業者との競合の進展など事業環境の変化により、業績等に影響を及ぼす可能性があります。

6.再生可能エネルギー発電事業にかかるリスク

 当該事業は、十分な事前調査及び検討を行ったうえでプロジェクトを採択しており、想定されるリスクについても回避または極小化のための対応を行っておりますが、通常その事業期間が長期にわたることから、事業環境に著しい変化が生じた場合や、事業遂行上重大な災害・事故等が発生した場合には、業績等に影響を及ぼす可能性があります。

7.海外事業に伴うリスク

 海外での事業活動では、当該国の政治・経済情勢の変化や法令・規則等に変更があった場合、当社グループの業績等に影響を及ぼす可能性があります。

8.退職給付債務

 当社グループ退職年金資産の運用結果が前提条件と異なる場合、その数理計算上の差異は、発生の翌事業年度以降一定の期間で費用処理することとしているため、年金資産の運用利回りの悪化や割引率の低下は、業績等に影響を及ぼす可能性があります。

IR情報

PDF形式の資料について

PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
下のバナーをクリックして Adobe Readerをダウンロードしてください。

Adobe Readerのダウンロード

このページの先頭へ