1. ホーム
  2. CSR
  3. トップメッセージ

トップメッセージ

九電工は企業理念として以下の3つを掲げております。

1.快適な環境づくりを通して社会に貢献します
2.技術力で未来に挑戦し 新しい価値を創造します
3.人をいかし、人を育てる人間尊重の企業をめざします

 これらはまさに今日のCSRに通ずる精神を表しており、当社が社会に対して果たすべき責任を言葉にしたものであります。
 この企業理念を頂点に据えて、事業活動の中で具体的に実践していくことこそが、当社のCSRであると考えています。

 当社は、電力をはじめとする生活インフラの整備や災害時の速やかな復旧対応、電気・空調・衛生設備等の快適な生活環境づくりを主たる事業としております。
 また、近年環境に関するテーマがクローズアップされていますが、当社では09年にエコ事業推進本部(現エコ事業創生本部)を立ち上げ、当社の持つ省エネ技術を集結してCO2削減に取り組むとともに、再生可能エネルギー発電事業にも参入しております。さらに、オリーブ事業を通して6次産業(1次×2次×3次産業)へも積極的に参入しております。
 これらのエコ事業は、配電・電気・空調管に続く、第4の事業の柱に成長しています。

代表取締役社長 西村 松次 また、当社は総合設備業として築き上げたノウハウを活かし、公共施設整備や公共サービスを行うPFI事業、地域医療に貢献する医療財団の設立や医療画像遠隔診断支援サービス、さらには福岡のウォーターフロントの活性化に繋がるベイサイドプレイス博多事業等、多方面に事業展開を図っております。
 いずれも社会に果たすべき責任として、さらに当社が持続的に発展する事業として、本業の中で取り組んでいる事業です。

 九電工では抽出したCSR上の課題を6つのカテゴリー(CSR経営IR情報品質管理・顧客満足環境活動・快適な環境づくり職場及び労働環境地域との共生)に分け、上記の企業理念の実践を具体的に取り組んで参ります。
 今後もステークホルダーの皆様に透明度の高い説明責任を果たして参りますので、ご支援ご指導いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

CSR

このページの先頭へ