1. ホーム
  2. CSR
  3. CSR経営
  4. 九電工のCSRの基本的考え方

九電工のCSRの基本的考え方

当社におけるCSRとは、コーポレートガバナンスを基盤として、快適な環境づくりを通して社会に貢献すると同時に、九電工が持続的に発展していくことを目的とする、「企業理念」の実践であると考えます。

企業理念

1.快適な環境づくりを通して社会に貢献します

広い視野に立った総合設備業として「人」・「環境」・「技術」の最適な調和をめざし、豊かな人間環境の創造に力をつくします。

2.技術力で未来に挑戦し、新しい価値を創造します

時代のニーズを先取りした技術の研究・開発に努め、つねに未来を考える企業としてお客さまの信頼と期待にこたえる事業を展開します。

3.人をいかし、人を育てる人間尊重の企業をめざします

企業は人なりの理念のもとに、一人ひとりの個性をいかし能力を高め、活力とうるおいのある企業風土をつくります。

企業理念は、『CSR』という概念が当社で認識される前から、事業の目的と九電工の存在意義を示したものであり、当社のすべての事業活動はこの企業理念に基づいています。
また、『CSR』という面から考えると、当社の企業理念はまさに当社が果たすべき「社会的責任」を言葉にしたものと言えます。
このことから、事業活動を行う現場において、この企業理念を実践していくことが当社のCSRの実現であると考えます。

CSR

このページの先頭へ