1. ホーム
  2. その他の取組み
  3. 安全の取組み
  4. 全国産業安全衛生大会研究発表

全国産業安全衛生大会研究発表

当社では、九電工グループの安全意識高揚のため毎年開催される「全国産業安全衛生大会(中央労働災害防止協会主催)」へ研究論文のエントリーを行っています。(前年度の実績2件)

 平成29年度「第76回全国産業安全衛生大会in神戸」は、以下の2テーマについて研究発表を致しました。「全国産業安全衛生大会in神戸」は、14分科会による発表テーマ数168の大きな大会です。

当社の優れた安全教育を全国大会に!

1.動画や3DCGを活用した教育効果の向上に向けた取組み

 より効果のある安全教育を行うため、市販の映像コンテンツだけでなく自社資源を活用し、ドライブレコーダの画像や3DCG等をもとに教育資料を作成し教育に活用。
自社で発生した災害事例を引用しているため受講者の関心も高く、実態に沿った教育が可能となった。

発表者:本社 安全管理部 源 誠士(ミナモト セイシ)

2.安衛法における特別教育の社内実施化とその教育内容の充実および全社への水平展開

 ここ数年回転工具による災害が多発傾向にあったため、直営社員だけでなく協力会社社員に対する特別教育の充実が肝要と考え、加えて特別教育の社内実施化のために講師の養成及び工具等の手配に注力した。成果は顕著となり熊本支店管内での関連災害は大幅減となった。今後はノウハウを全社に水平展開していく。

発表者:熊本支店 安全管理部 杉田 和彦(スギタ カズヒコ)

その他の取組み

このページの先頭へ